沖縄の神秘に触れてリフレッシュ!おすすめのパワースポット7選

浜比嘉島

浜比嘉島(はまひがじま)は、沖縄本島中部の勝連半島から架かる橋を使えば車で行くことができる離島です。

「神々が住む島」とも呼ばれ、琉球の祖神である「アマミキヨ」とその夫である「シネリキヨ」が住み、子を授かった場所と言われる「シルミチュー」があります。

島内各所に聖域とされる場所が点在しており、澄んだ空気や手つかずの美しい自然の中にも神聖な気配を感じることができる島です。

神々が暮らした島でゆっくりとその聖域をまわるうちに、ココロがすっきりと晴れ渡ってリフレッシュされていくのを感じます。

浜比嘉の「勝連もずく」は格別!収穫のピークを迎える5月には県内各地から「生もずく」を目当てに、たくさんの人たちが島を訪れます。

斎場御嶽

斎場御嶽(せーふぁーうたき)は、2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に認定されました。

この場所は琉球王国時代に国家的な祭事を行っていた場所で「琉球最高の聖地」とも呼ばれています。

そのためパワースポットとしても大変人気のある場所で、特に「三庫理(サングーイ)」と呼ばれる三角岩が有名です。

斎場御嶽に一歩足を踏み入れると、誰もがその神聖な空気に触れて厳かな気持ちになります。

大自然のパワーと神聖なパワーを身体中で感じられる場所で、エネルギーチャージしてみませんか?

斎場御嶽はガイドさんと一緒にまわってみましょう。神聖な歴史や意味を知るだけで、目に映る世界が変わります。知らずに通り過ぎるなんて勿体ない!

ガンガラーの谷

ガンガラーの谷は鍾乳洞が崩落して出来た谷です。

歩くガジュマルやジャイアントバンブーなど、大自然ならではの見所も満載。

パワースポットとしても有名な「イナグ洞」や「イキガ洞」はそれぞれ女性と男性のシンボルの形をしていて、良縁や安産、子宝のご利益があります。

もう1つ有名なのが「大主(ウフシュ)ガジュマル」という沖縄で1番大きなガジュマルです。

地上に生えるガジュマルの根が崩落した谷底へとのびて、その隙間から太陽の光が溢れる様を下から見上げる景色は神秘的!

その先の洞窟内ではたくさんの貴重な化石が発掘され、歴史的なロマンを感じることも出来ますよ。

鍾乳洞の入口にはパラソルとテーブルが並んだ「ケイブカフェ」があるので、鍾乳洞の中でティータイムを楽しむという貴重な体験もできます。

伊江島タッチュー

伊江島タッチューの愛称で親しまれている城山(ぐすくやま)は、伊江島のほぼ中央にそびえ立つ標高172mの岩山です。

伊江島で1番パワーのある神様が宿っていると言われ、伊江島の人々が何かを祈願する時には城山に向けて手を合わせるのだそう。

城山は階段が整備されているので頂上まで登ることができます。

岩山のエネルギーを感じながら一歩ずつ登っていくと、頂上からは360°見渡す限りの絶景が!

さまざまな作物が植えられた畑がまるでパッチワークのようでかわいらしく、さらにそれを空と海のブルーのグラデーションが彩ります。

岩山を登りきった爽快感の中で眺める絶景はココロが洗われるようです。

城山は「オフスクレープ現象」という、とても珍しい地殻変動によりできた世界で唯一の山と言われています!

美崎御嶽

石垣市街地にある美崎御嶽(みさきうたき)は、航海の安全を願って作られた御嶽(うたき/琉球神道における祭祀を行う場所)です。

沖縄県の有形文化財にも登録されており、とても大切にされています。

美崎御嶽の奥にある「イビ」と呼ばれる石でできた門の先は神域となっており、立ち入ることはできません。

霊感がない人でさえ、門のそばに来ると厳かな気配に思わず足を止めてしまうと言われるほどのパワーを感じます。

歴史を感じる拝殿や鳥居敷地内の雰囲気や巨樹の力強さに、自然と背筋がのびて行くのを感じるようなパワースポットです。

境内のハスノハギリという木は、推定樹齢100~150年ほどと言われています。美崎御嶽はそんな自然との調和も美しい場所です。

大神島

宮古諸島にある大神島(おおがみじま)は、沖縄県民でも行ったことのない人が多いと言われる島です。

「神様のいる島」とも呼ばれ、島民にしか明かされることのない秘密の儀式や立ち入り禁止区域も多くあります。

大神島に訪れる際には、島民によるガイドツアーが安心です。

島の人口が2019年1月時点で22名ほどと言われている貴重な島民から、島の歴史や文化などを聞くことができます。

観光客も少ない静かな島なので、ゆっくりと大自然に身を任せながら自分を見つめる…そんな時間を過ごせるはずです。

大神島唯一の食堂である「おぷゆう食堂」で食べられる、干しタコをつかった「カーキたこ丼」がおすすめ◎ 民宿もやっているので、泊まりでゆっくりと島を楽しむこともできます。

久高島

久高島(くだかじま)は琉球を造った祖神「アマミキヨ」が最初に降り立った地と言われています。

「神の島」とも呼ばれており、島全体がパワースポットです。

久高島は沖縄本島から船でおよそ15~20分、距離にして約5kmのところにあります。

外周約8㎞と小さな島なので、小回りの利くレンタサイクルでまわるのがおすすめ!

島の生活や空気をゆっくりと肌で感じることができます。

観光地として整備されているわけではありませが、ありのままの自然と生活の中にも神聖なパワーを感じることができる不思議な場所です。

「カベール岬」はそのアマミキヨが降り立った場所といわれており、引き潮の時にのみ潜り抜けることのできる洞窟があります。



ツアー

 

2020年11月21日

© 2021 Reborn in OKINAWA Powered by AFFINGER5