沖縄おすすめビーチ27選!知っておくべき世界に誇るビーチ集♪

沖縄と言えばやっぱりビーチ!

白い砂浜と透き通った青い海のコントラスト
色とりどりの魚たち

写真を見ているだけでも癒されます。

そんな素敵な海に
誰と行こう?何をしよう?

鉄板から穴場まで
「リラックス・リフレッシュ・ほっこり」できる
癒しのおすすめビーチ15選!!

あなたの「行ってみたい!」が
きっと見つかるはずです。

 

沖縄本島の
おすすめビーチ

沖縄本島では、瀬底島や恩納村の「青の洞窟」などがシュノーケリングダイビングといったマリンスポーツを楽しめるスポットとして人気があります。

また、青い海や夕日が映える美しいサンセットビーチは中北部に多いですが、高速道路・レンタカーの利用で、空港のある那覇から30分~1時間30分で行けるためアクセスも良いといえるでしょう!

ここでは、南国のリゾート沖縄へ旅行する際におすすめビーチを紹介いたします。

 

ミッションビーチ

ミッションビーチは駐車場の他に一人につき300円の利用料がかかる有料ビーチです。

有料ではありますが「きれい」「居心地がよい」「人に教えたくない!」との口コミもある人気のビーチ。

まわりは緑で囲まれていて、白い砂浜と青い海のコントラストがとてもきれいです。

人も少ないので、まるでプライベートビーチのようにリラックスして過ごすことができます。

マリンアクティビティやレンタル用品が、ほかのビーチに比べると安いようです。

・落ち着いたプライベート感あふれるビーチでキャンプも。
・CMやMVにもよく使われる、とてもきれいでおしゃれな天然ビーチ!

 

屋我地ビーチ

屋我地ビーチは、北部エリアの名護市にある天然ビーチです。

ビーチサイドの芝生エリアは約300m! ビーチキャンプが可能なキャンプ場として、広いキャンプサイドを誇ります。

手ぶらでキャンプができるプランも用意されているので、ビーチキャンプデビューにもおすすめです。

また、屋我地ビーチと小島を結ぶ「ピュアロード」は、干潮時の一部の時間帯でしか見られないので、もし見ることができたらラッキーかも!

キャンプサイドの芝生エリアは、草木もあり緑が豊か!海と山を同時に感じられて一石二鳥な気分になれるのは私だけでしょうか?
ビーチキャンプでボール遊びができるのも子連れキャンプにもとてもおすすめです。2017年頃からソロキャンプの方も増えているという噂も!?バーベキューに炭火が使える点も、県内では希少です!

 

古宇利ビーチ

沖縄本島の北に位置する古宇利島(こうりじま)は外周約8kmと、車ならだいたい10分で回れてしまうほどの小さな島。島までは古宇利大橋を渡って車で行くことができます。

そんな小さな島の入り口にある古宇利ビーチは、島で一番混み合うと言われる人気のビーチです。

古宇利島には沖縄版アダムとイブのような伝説もあることから「恋島(くいじま)」と呼ばれるだけあって、カップルに人気のスポット。

近くのティーヌ浜には有名なハートロックがあります。

・島に向かう途中、海に囲まれた古宇利大橋を車で走り抜ける爽快感!
・天体観測スポットとしてもアクセスが良く、適度な明かりがあるので、安心して星空が見られる場所でもあります。恋島で満天の星を眺めるなんてロマンチックですよね。

 

瀬底ビーチ

沖縄本島の北に位置する瀬底島(せそこしま)は外周約8kmの離島で、美ら海水族館を挟んで西の瀬底島と東の古宇利島は本島から車で行ける離島として人気です。

そんな瀬底島にある瀬底ビーチは沖縄でもトップクラスの透明度と言われる美しさ!

クラゲ防止ネットも設置されてあり、監視員・ライフセーバーが常駐しているので安心して泳ぐことができます。

・サンゴ礁や熱帯魚に会える透明度の高い海に癒されてリフレッシュ!
・アクティビティも充実で、4歳からパラセーリングも楽しめます。

 

瀬底大橋(下のビーチ)

瀬底大橋は沖縄本土の元部町と瀬底島を結ぶ長さ762mの橋です。

ポイントは長さではなく、その高さにあります!なんと海面から27mもあり、ビルに例えると9階建てくらいの高さ。その高さから見下ろす沖縄の海の青さは息をのむほどの美しさです。

そんな瀬底大橋の下には、名前のついていない穴場のビーチがあります。

瀬底島側のアンチ浜も有名ですが、本島側のこのビーチはガイドブックや地図にも載っていないということもあり、あまり知られてはいません。

そのため観光客も少なく、ローカルな雰囲気を楽しむことができます。

・観光客の多い場所に疲れてしまったら、名もなき穴場スポットでリフレッシュ!
・「名前がない」場所だから、大切な誰かとおとずれて、自分たちだけの特別な名前をつけてみても素敵ですね。

 

ムルク浜ビーチ

ムルク浜ビーチはとてもきれいなビーチで、シュノーケリングやバナナボートが楽しめます。

浜や海には大きな琉球石灰岩という、サンゴや貝が蓄積してできた大きな岩のようなものが所々に!

ビーチまでの道がとても狭く、車がすれ違うことはできません。

そのため、人が少ない穴場のビーチなので、人混みを避けてリラックスしたい時におとずれてみてはいかがでしょうか?

・無人島でシュノーケリングを楽しむツアーなど、マリンスポーツやバーベキューが楽しめるビーチ。
・ビーチバレーのネットもあって、ビーチバレーが楽しめる。

 

残波ビーチ

大きなサンゴ礁に囲まれた残波(ざんぱ)ビーチは、波が穏やかなので小さな子供でも遊びやすいビーチ。

クラゲ防止ネットもあるので安心して海水浴が楽しめます。

また、マリンアクティビティがとにかく豊富!ビーチでひときわ存在感を放つのは、海の上に浮かぶウオーターアスレチック(有料)です。

見ているだけでワクワクしてしまうようなアスレチックは子供も大喜び間違いなしですね!

海に入るのが難しい時は、グラスボートもおすすめ。

・なんでもそろっている便利なビーチなのに駐車場(100台)が無料。
・隣接する残波岬公園にはアスレチック遊具やバーベキュー場もあり、海の他にもいろいろ楽しめるから、思いっきり遊んでリフレッシュ!



ムーンビーチ

ムーンビーチは、自然豊かな恩納村にある海水浴場です。

沖和県でも歴史のあるリゾートホテル「ホテルムーンビーチ」のプライベートビーチですが、宿泊客以外の方でも施設料と駐車料金を支払うことで遊泳できます。

とても広い遊泳エリアで、心地よい海風を感じることができるので、まるで海外に来たようなバカンス気分を味わうことができます。

さらに、年中泳げるので、季節問わずリゾートで遊泳を望む方におすすめです。

遊泳エリア・設備・グラデーションのすべてが最高レベルのムーンビーチ!ホテルムーンビーチ内ゆえに、ビーチに近いテラス席でホテルのカフェメニューを楽しむこともできます。遊泳ついでに贅沢な気分を味わってみてはいかがでしょうか?

 

伊計ビーチ

伊計ビーチは、沖縄でも有数の美しさを誇るおすすめビーチ。更に、透明度は沖縄でも最高レベルです。

透明度の高い波打ち際に、その一層奥のエメラルドグリーン!

さらに奥の層には深みのあるブルー!グラデーションが最高です。

伊計ビーチはサンゴに囲まれており、遊泳エリア内でサンゴと熱帯魚を鑑賞することができます。

また、ライフジャケットのレンタルもしているので、シュノーケリングを楽しむこともおすすめです。

沖縄の海開きといえば大体4月ですが、伊計ビーチでは、年中遊泳できる点がおすすめポイント!ウェットスーツもレンタルできるので、冬でもシュノーケリング等のマリンスポーツが楽しめます。観光客にも人気の高い伊計島ですが、食堂・パーラーは安値で美味しい!お食事処としても穴場です♪

 

 

波之上ビーチ

那覇の市街地から歩いて行ける距離にある波之上ビーチは、那覇で唯一の遊泳可能なビーチです。

市街地での観光に疲れたら、波之上ビーチで海を眺めてリフレッシュしませんか?

うみそらトンネルを使えば那覇空港までは車で約10分。飛行機の時間まで余裕があれば、帰る前に寄っていくのにもちょうどよい海ですね!

こぢんまりとした人工ビーチですが、ふらっと寄るにはもってこいの立地です。

・ビーチを見下ろす崖の上には、沖縄で最も格式が高いとされている波之上宮があります。
・ダイビングやシュノーケリング、手ぶらバーベキューができる。

 

美らSUNビーチ

那覇空港から車で約15分とアクセスが良い美らSUNビーチ。

クラゲネットが設置され、ライフセーバーさんたちの安全意識も高く、安心して遊泳できるとの口コミも多いです。
バリアフリーの設備がしっかりしていて、車椅子専用のシャワーも完備!バーベキュースペースがとても広く、駐車場も800台分と、たくさんの人が訪れる人気のビーチです。

空港が近いので、白い砂浜と青い海の景色の中を飛行機が次々と飛んでいくのが見られます。

飛行機が好きな子供たちが空を見上げて喜ぶ姿にもほっこり。

・近くには大型のショッピングセンターもあります。
・マリンスポーツはもちろん、バスケットコートやビーチサッカーコート、ビーチバレーネットも設置されていて、いろいろなスポーツが楽しめる!

 

あざまサンサンビーチ

クラゲ防止ネットもしっかり設置され、遊泳エリアが広いあざまサンサンビーチ。

よく整備された人工ビーチで、バリアフリー設備もあります。

インスタ映えスポットとして人気のピンクのハートが可愛い鐘や、手作りブランコがおしゃれ!

ビーチから見える神の島と呼ばれる久高(くだか)島までは、安座真港から船で約15~20分ほどで行くことができますよ!

・ベンチや屋上テラスなど、日よけになる場所が多いのがよい。
・南部の遊泳設備を持つビーチの中では一番の透明度と言われている綺麗な海で気持ちもリフレッシュ!



石垣島の
おすすめビーチ

観光地として国内外から人気の高い石垣島。青い海と白い砂浜の美しい絶景を求めて、毎年、国内外から多くの人が訪れる沖縄の癒し離島です。

きれいな海を一望できる石垣島のビーチは、サンセットが映えるのも人気の理由です。

川平湾などの定番スポットから穴場スポットまで、数十箇所にビーチが存在します。

石垣島のビーチは非常に透明度が高いうえ、波は穏やか。サンゴやカラフルな熱帯魚も豊富なので、シュノーケリング・ダイビングなどのアクティビティが盛んです。

癒しの南国リゾートを味わえる石垣島。訪れる際に行くべきおすすめビーチを紹介します。

 

石垣島サンセットビーチ

石垣島サンセットビーチは、映画「花より男子」のロケに使われたことで知られる石垣島北西部のビーチです。

青い海と白い砂浜。ブルーとホワイトが織りなす色合いが絶景と評判です。

サンセットという名前の通り、夕焼けがきれいなので、日が沈む時間帯に行くことをおすすめします。

シーズン中は観光客も多く訪れるので、シュノーケリング・マリンジェットツアー・ウェイクボードとアクティビティも充実しています!

なんといってもロケーションの良さ!透き通った海が、サンセットの美しさを際立たせています。ビーチの背景に平久保崎・きのこ岩を拝むことも!手つかずの自然が多く残っている点もおすすめのポイントです。

 

フサキビーチ

フサキビーチは、石垣市新川にある天然ビーチ。「フサキビーチリゾート ホテル&ヴィラズ」のすぐ近くにあります。

ビーチリゾートでは指折りの青い海がきれいなビーチです。

石垣島サンセットビーチと同様に、サンセットがきれいに見えるビーチとしても有名。ビーチには桟橋があり、そこからきれいな夕日と、色とりどりの熱帯魚を見ることができます。

桟橋から海の底が見えなくなるほど大量の熱帯魚と出会えたという口コミも!?

また、シュノーケリング等のアクティビティも豊富です。

キッズプログラムやクルージングによるグラスボード遊覧は通年開催されているので、小さなお子様連れのファミリーにおすすめです。

フサキビーチは、市街地からのアクセスが良い点でもおすすめ。石垣島の市街地「美崎町」まで車で10~15分程度。路線バスでも行き来が可能です。

 

米原ビーチ

米原ビーチは、石垣市の北部にある天然ビーチ。キャンプ場に面した、長さ約1kmのロングビーチです。

サンゴ礁や熱帯魚が豊富なうえ、海の透明度は抜群!シーズン中はシュノーケル目的の観光客が多く訪れます。

地元民にも愛されている人気ビーチで、休日にはバーベキューやキャンプを楽しむファミリーやグループが多く見受けられます。

また、白砂の美しさも魅力の一つなので、「シュノーケルをするのはちょっと・・・」という方には、ビーチの観察や漂流物の収集を行う「ビーチコーミング」を楽しむことをおすすめします。

キレイな貝殻をゲットできるかも!

浅瀬でも、サンゴ礁・熱帯魚を確認できる点がおすすめ!米原ビーチではシュノーケリングは外せませんね!ショップでレンタルセットが準備されているので手軽に体験できます。

 

マエサトビーチ

マエサトビーチは、石垣市の人工ビーチです。市街地から車で約10分・空港から約25分であり、石垣島で最もアクセスの良いビーチとして知られています。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートが管理しているため、清潔感があります。

観光客向けのビーチといえるでしょう。もちろん宿泊客以外も無料で使えます。

広い駐車場・シャワー・トイレの設備も充実!

また、ホテルが主催する星空ツアーは、マエサトビーチの見どころの1つ! 荒天時以外は、例年連日で開催しています。

星空観測に最適なスポットである石垣島。日中はきれいな海でサンゴと熱帯魚、夜は星空、マエサトビーチで贅沢なひと時をお過ごしください。

アクティビティも豊富で、シュノーケル等のマリンアクティビティのみならず、海上のアスレチックもおすすめです。

 

川平タバガ-

川平タバガーは知る人ぞ知る隠れた名所として、地元でも人気のビーチです。

というのも、ビーチまでの道はとても狭く、舗装されていないでこぼこの一本道。車がすれ違うスペースもありません。

おまけに周りはジャングルのような緑に囲まれ、まさに秘密基地のよう。

そのような場所なのであまり知られてはいませんでしたが、最近はSNSで紹介された画像がきっかけに訪れる人もいるようです。

ビーチに作られた手作りブランコに乗って撮影するとインスタ映え間違いなし!

・初心者から上級者まで楽しめるシュノーケリングポイントとしても人気です。
・穴場感満載の細道さえ超えることができれば、とてもきれいな石垣島の海が見られる!

 

サビチ鍾乳洞のビーチ

日本で唯一、海に抜けることのできる鍾乳洞と言われているサビチ鍾乳洞。

往復しても20分ほどで、手軽に冒険気分を味わうことができます。

鍾乳洞には貴重な貝やサンゴの化石が混ざっていることもあるので、ぜひ探してみてくださいね。

鍾乳洞を抜けると、視界いっぱいに広がる海!そこから左のルートを行けば美しいビーチ、右のルートを行けば、奇岩が見られるパワースポットコース。

パワースポットコースでは、亀の形をした岩にほっこり癒されます。

・短時間で本格的な冒険気分が味わえる!
・パワースポットとしても人気の奇岩は撮影スポットとしてもおすすめ。

詳しくはコチラ

 

宮古島の
おすすめビーチ

沖縄本島より、南西に約290キロ離れた離島「宮古島」。

宮古島の海は「宮古ブルー」と称されるほど、独特の美しさを誇ります。

東洋一のビーチとして名高い「与那覇前浜ビーチ」。サンセットと天然の岩が絶景を生み出す「砂山ビーチ」。サンゴに熱帯魚はもちろん、ウミガメにまで会える「シギラビーチ」や「吉野海岸」。

宮古島には、このような南国リゾート感満載の魅力的なスポットが沢山あります。

癒しの時間を過ごすのに最適な宮古島!

宮古島でおすすめのビーチ、そしておすすめの過ごし方を紹介します。

 

与那覇前浜ビーチ

与那覇前浜ビーチは、宮古島市にある天然ビーチ。

空と海・白浜のブルーとホワイトが織りなすコントラストから、東洋一美しいビーチと称されています。

実際に、世界最大の旅行口コミサイトにて、日本人が選ぶビーチランキングでは1位になるほど!

世界でも屈指人気ビーチとして多くの人が観光に訪れます。

日中は美しい宮古ブルーを感じ、夕方はサンセットを眺める。そして、夜は満天の星空を楽しめる文句のつけどころがない宮古島屈指人気ビーチです。

周辺にはビーチホテル・リゾートも充実しています。

東洋一のビーチを充分に堪能したい方には、宿泊をおすすめします。

ビーチから見える来間島は、大橋を通っての渡島が可能。橋の上から見る美しいビーチはドライブをより一層盛り上げること間違いなし!

 

砂山ビーチ

砂山ビーチは、宮古島市平良にある天然ビーチ。空と海のブルー・白浜が美しい絶景のビーチとして評判です。

特に、夕方のサンセットが美しく、インスタ映えの聖地として地元民・観光客ともに人気のスポットです。

また、伊良部島・池間島を眺めることができる点も魅力の1つ。

2019年の日本の人気ビーチランキングでは、与那覇前浜ビーチに次いで2位になるほど美しいビーチです。

シャワー・マリンスポーツ・パラソルのレンタルもあり、海水浴も可能ですが、視覚的に癒しを味わうビーチとして楽しむことをおすすめします!

絶景スポットの理由の1つに挙げられる「天然岩のアーチ」。その中に沈むサンセットを写真に収めることができればインスタ映え間違いなし♪

 

宮古サンセットビーチ

宮古サンセットビーチは、宮古島市平良にある人工ビーチです。7月~10月の期間限定で遊泳可能になります。

ネットが設置されているので安心して泳げるビーチで、周囲は公園として整備されており、ウォーキングやサイクリングを楽しむことができます。

日中はアクティビティ、夕方や夜はサンセット星空の絶景を楽しめるスポットです。

サンセットや星空を背景に見る伊良部大橋は、より一層魅力的です。

日本一長い伊良部大橋の下で楽しめる話題のアクティビティ「スタンドアップパドル」! 手軽に誰でも楽しめる上にエクササイズ効果があるのでおすすめです。

 

吉野海岸

吉野海岸は、宮古島の東海岸にあるシュノーケリングスポットとして人気のビーチです。

透明度の高い美しい海で、豊富なサンゴ礁に熱帯魚を見ることができ、さらに、ウミガメの産卵地としても有名なビーチです。

シギラビーチ同様、ウミガメに出会えるスポットそしておすすめです♪

吉野海岸でシュノーケリングの際に注意したい点は、サンゴ礁を誤って踏んでしまうことのないよう、干潮時を避けることです。

踏んでしまうとサンゴ礁を痛めつけてしまうだけでなく、自身の足も傷つけてしまう可能性があります。

美しい環境を守り続けたい貴重なビーチです!

吉野海岸のおすすめポイントは、リーフ内の波が比較的穏やかであること。初心者でもシュノーケルを楽しめると評判です。ツアーに参加することで、インストラクターと共に安心してシュノーケリングを楽しめます。

 

フナクスビーチ

宮古島から北西へ延びる池間大橋を渡ってたどり着くことのできる池間島。

そんな池間島の北東に位置するフナクスビーチは、シュノーケリングポイントとしても人気です。

小さなビーチですが、そのこぢんまりとした隠れ家的な雰囲気が魅力でもあります。

シーグラスや可愛い貝殻もたくさん落ちているのでビーチコーミングポイントとしてもおすすめ!

池間ブロックという名でも親しまれています。

・サンゴやカラフルな熱帯魚たちに会える海!
・フォトジェニックなクジラ岩がある。

 

パイナガマビーチ

パイナガマビーチは宮古島平良市(ひららし)の市街地から一番近く、歩いて5分ほどで行けます。

しっかりとネットで遊泳区間が仕切られているため、安心して泳ぐことができる海です。

夕日スポットとしても有名で、伊良部島(いらぶじま)や日本一長いと言われている伊良部大橋に沈む夕日を眺めることができます。

ジェットスキーやウインドサーフィンを楽しむ人も。

・近くにコンビニがあるのでちょっとした買い物に便利!
・駐車場からビーチまではスロープ、車椅子用のトイレもあるバリアフリーなビーチです。

 

佐和田の浜

宮古島から伊良部大橋を渡っていける伊良部島にある浜。佐和田の浜は「日本の渚」100選にも選ばれたことのある天然ビーチです。

沖合にはところどころ大きな岩が転がっていて、とても珍しいビーチです。

この岩は1771年に起きた大津波によって運ばれたものと言われています。

夕日がきれいな場所としても有名なスポットなので、大岩が顔を出す珍しいビーチの風景と夕日のコラボレーションを写真に収めてみるのもいいかもしれません。

・浅瀬が続く海には、小魚やカニ、ナマコが!気軽なお散歩スタイルでも楽しめるビーチでリフレッシュ。
・とにかく景色がきれい。沖の岩が不思議な魅力を持っています。

 

シギラビーチ

シギラビーチは、宮古島市南部に位置するビーチ。白砂の美しいビーチでサンゴ礁に囲まれています。

海は透明度が高く、様々な種類のサンゴ礁や色とりどりの熱帯魚を見ることができます。

シュノーケリング等のマリンアクティビティにて、カラフルな海の魅力を味わえます!

ウミガメが現れるビーチとしても有名で、運が良ければディズニーのクラッシュのように悠々と泳ぐウミガメに出会えるかも!?

シギラビーチから2km以内には、多くのリゾートホテルが存在します。

ウミガメや豊富な熱帯魚に出会えるシギラビーチ周辺のホテルで、癒しの時間を堪能するのがおすすめです。

白砂のすぐそばにある建物がシギラビーチハウス! ここでは、シュノーケリングやダイビングに必要な用具はすべてレンタルとして整っています。シギラビーチのアクティビティは年中行われており、気軽にマリンスポーツを体験できます。軽食を楽しめるフードコートもありおすすめです。

 

伊江島の
おすすめビーチ

伊江ビーチ

約1km続く白い砂浜と、エメラルドグリーンの海が特徴の伊江(いえ)ビーチ。長い海岸線を波音に癒されながら歩いてみれば、心も身体もリフレッシュ!伊江ビーチのある伊江島までは、沖縄本島の本部(もとぶ)港からフェリーで30分。日帰りでも十分楽しめますが、ビーチではキャンプもできるので、思い切って一泊するのもおすすめ!家族連れや観光客に人気のビーチです。

・波が穏やかで浅瀬が続いているので、小さな子供がいるファミリーでも安心して海を楽しめます。
・インスタ映えするブランコや、ビーチバレーのネットが二つも設置されていて楽しい!



ビーチを楽しむためのポイント!

1. 海水浴シーズンはいつ?

沖縄は暖かいので3月の下旬~4月に海開きをします。ですが、まだまだ3月は天気も不安定。地元の人たちはだいたい6月~9月に海水浴を楽しむようです。10月でも本島より南の石垣島などでは、まだギリギリ海水浴が楽しめるかもしれません。
とはいえ、11月でも水温は23〜25度くらいはあるようなので、ウエットスーツを着ればシュノーケリングも可能です。

2. ビーチサンダルorマリンシューズは必須アイテム!

沖縄のビーチはサンゴや貝殻が沢山落ちています。裸足だと怪我をしてしまったり、歩けたとしても足が痛くて楽しめないことも。
ビーチサンダルやマリンシューズを用意して、足を守りましょう。

3. 沖縄の海ではハブクラゲに注意!

7月から10月はハブクラゲという毒クラゲが沖縄全域に出没します。刺されると激痛や痒みに苦しむことに…。クラゲ防止ネットの設置されているビーチなら安心です。

4. シュノーケルはレンタルで大丈夫?

シュノーケリングを楽しみたい場合、レンタルしている所も多いです。ですが、直接口に当てるものなので、気になる場合は自分のものを持参して行くのがベスト!

5. 台風シーズンは避けよう!

9月~10月の沖縄は台風シーズンまっさかり。海でのレジャーを考えている場合は、旅行に行くシーズンにも気をつけてくださいね。



 

関連沖縄の神秘に触れてリフレッシュ!おすすめのパワースポット7選

続きを見る

関連沖縄の絶景岬で雄大な自然に出会う!おすすめスポット7選

続きを見る


ツアー

 

2020年11月21日

© 2021 Reborn in OKINAWA Powered by AFFINGER5