沖縄本島中部の絶景でリフレッシュ!おすすめの観光スポット7選!

アメリカンビレッジ

美浜のアメリカンビレッジと言えば、夜には賑やかなネオンと観覧車が目を引く、巨大なエンターテインメント エリアです。

かつては米軍基地だった場所を利用して建てられ、その大きさは東京ドーム5個分。

ショッピングにグルメ、美術館、ゲームセンターにホテルまで備えています。

1歩足を踏み入れれば、アメリカンな雰囲気と沖縄の雰囲気が融合した不思議な空間のトリコに。

目に入るお店にフラフラと引き寄せられるうちに、あっという間に時間がたってしまいます。

那覇から車で約40分とアクセス良好!雨の日でも楽しめるエリアです♪

・アメリカンビレッジは夜景もおすすめ!観覧車も含め、エリア丸ごとライトアップされていて、とっても綺麗です。

サンセットビーチ

美浜アメリカンビレッジの近くにあるサンセットビーチは、その名の通り夕日を眺めるのに絶好のスポットです。

夕日の後は、そのままアメリカンビレッジの夜景を眺めても◎

一日の終わりを大切な人と、美しい夕焼けに包まれて過ごせたら素敵ですよね。

サンセットビーチは綺麗に整備された人工ビーチで、波も穏やかなので海水浴も安心して楽しめます。

手ぶらでバーベキューができるテントもあるので、昼は海水浴とバーベキューでリフレッシュ、夕方からは夕日と夜景に癒され、丸一日楽しむことができるビーチです。

・近くに無料の町営駐車場(約500台収容可能)があるので便利です。
・2~3月は「沖縄ナイトビーチ㏌北谷」というイベントも開催!ビーチで光のアートと音楽に包まれながら、料理やお酒を楽しめます。

海中道路

海中道路は、沖縄本島と離島4島をつなぐ全長4.75㎞の道路のこと。

「海中道路」という名前ではありますが、海の中を行くトンネルや橋ではなく、浅い海域に土手を築いて作られた県道です。

エメラルドグリーンの海の真ん中を車で走り抜ける爽快感を想像してみてください。

こんな楽しいドライブは他にないはず!窓を開ければ車内には潮風が駆け抜けます。

海中道路の途中にはレストランやお土産屋さんもあるので、車を停めてゆっくりと景色を楽しみながらの食事も可能です。

夜には道路のほぼ中央に位置する深紅の主塔と、そこから道路へと延びるケーブルがライトアップされてとっても綺麗なんですよ。

ライトアップは季節やイベントごとに変わるんだそうです。

また、20分に一回変化する瞬間があるそうなので、日中のオーシャンビューだけではなく、ロマンティックな夜のライトアップも必見です!

・海中道路の途中にある船の形をした「海の駅あやはし館」では、食事を楽しんだり、うるま市特産のお土産を買ったりもできるので、ドライブの休憩におすすめ。

ビオスの丘

ビオスの丘は自然や動物と触れ合って、ほっこりできる体験が盛りだくさん。

カヌーや水牛車、湖水鑑賞船でのジャングルクルーズや、亜熱帯を駆け巡るロードトレインで自然を身近に感じながら、ガイドによるレクチャーで楽しく沖縄の動植物についても学ぶことができます。

中でもジャングルクルーズは一番人気のアトラクションです。

個性的なトークで楽しませてくれる素敵なガイドさんと一緒に湖水鑑賞船で進んでいくと、ジャングルの水辺には水牛が!

雨の日には活発な姿も見られるのだそう。

他にも、湖水鑑賞船に乗った人しか見ることのできない琉球の伝統舞踊など見どころ満載です。

また、ビオスの丘の園内ではアグーやニワトリ、ヤギなどの沖縄で家畜として親しまれてきた動物たちとも触れ合うことができます。

・ビオスの丘はランの栽培事業から始まったというだけあって、園内には年中ランの花が咲き乱れていてとても綺麗です。

勝連城跡

勝連城跡(かつれんじょうあと)は12~14世紀にかけて築城され、阿麻和利(あまわり)が最後の城主として居城していました。

沖縄にある城の中ではもっとも古く、世界遺産にも登録されている場所です。

五つの曲輪(くるわ:石垣で区画された区域)からなる勝連城跡は、もともとある自然の地形を活かした曲線美が特徴的。

一の曲輪まで続く階段を登るとまわりに視界を遮るものはなく、エメラルドグリーンの海に浮かぶ南の中城湾、東の海中道路を見ることができます。

白い石垣の曲線と整備された緑の芝生、青い空のコントラストは、まるで計算されたアートのような美しさです。

・城跡についての説明文やイラストが充実しているので、沖縄最古と言われる城の歴史を身近に感じることができます。
・目の前に広がる絶景も、歴史的背景を重ね合わせて見ることでまた違った顔を見せてくれます。

東南植物楽園

東南植物楽園は沖縄にある南国植物約1.300種を集めた植物園です。

「水上楽園エリア」では、朝日と共に咲き始める一面の蓮や『星の王子様』でもおなじみのバオバブの樹、世界一長寿の樹として知られるリュウケツジュが見られます。

「植物園エリア」は、日本一のユスラヤシ並木がおすすすめ。

空に向かってどこまでも高く伸びていくユスラヤシを見上げると、まるで異世界に迷い込んでしまったかのような気さえする神秘的で不思議な空間です。

真っ直ぐに伸びる木々の間を歩けば、自然と自分の中の軸もスッと伸びていくように感じます。

大自然のエネルギーをたっぷりもらえる場所です。

・10月から5月まで開催される、園全体を使った大規模なイルミネーションイベント「ひかりの散歩道」は、光のトンネルや絨毯、ツリーハウスのライトアップがとてもロマンチック。

残波岬

恩納村(おんなそん)にある残波岬(ざんぱみさき)と言えば、青い空と海に映える白亜の灯台が美しい県内有数の景勝地。

大自然の荒々しさを感じる断崖絶壁に白波が散る、勇壮な風景が魅力です。

すぐそばには安心して海水浴が楽しめるビーチもあり、バーベキューができるエリアもあります。

けれど、やはり残波岬に来たからには、岬のシンボルでもある灯台は外せません!

青い空に映える美しい灯台は遠くから撮影するのもいいですが、登ることもできるんです。

高さはおよそ31mと、10階建てマンションくらいの高さ。

沖縄の本島では「夕日が最後に沈む場所」としても知られていて、サンセットタイムもおすすめです。

・残波岬いこいの広場には高さ8m以上もある巨大なシーサーは、村民1000人余りの手で作られた人気の撮影スポット♪




エリア別記事

 

ツアー

 

2020年11月21日

© 2021 Reborn in OKINAWA Powered by AFFINGER5